忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

驚異の下位打線

昨夜の松本球場は降りしきる雨にも関わらず、熱気溢れる好試合でした。勿論ジャイアンツファンにとってですが・・・
 7回表中継ぎの西村投手が打たれ8-5と逆転された時には、もう駄目だ、と第一回目の「あきらめムード」。9回裏長野のタイムリーで8-6となるも、すでに二死。「持ってそうな男」宇佐美選手も低めの変化球に全く合ってないし、とあきらめムード。しかし、彼は「持っていた」。解説者も「まるでゴルフ打法」と舌を巻く打法で見事に右翼席に叩き込んだ。8-8の同点で延長戦に。
 上位打線がチャンスを生かせなかった10回裏をみて、引き分けかな?と三回目のあきらめムードに。しかし、珍しく安定しているカミネロ投手の力投が報われた。11回裏6番長野、7番亀井でつかんだ好機。さらにバッテリーエラーが出て、無死二三塁打者は宇佐美。真打登場!
 ここで「持っている男」がサヨナラ打を決めてお立ち台に。と誰もが思ったことでしょう。「持ってる男」に、この上ないお膳立てを作ってくれたのですから。だが、この男、やはり「持っているかもしれない男」だった。三振で一死に。打席には途中出場の9番寺内。セーフティスクイズもあるかな?という場面で彼は粘った。150キロを超える真っすぐに食らいつく。外角のスライダーにも惑わされない。上位(マギー以外の)にも見習ってほしい粘りが奇跡を生む。守備の男、バント要員の男が今季第一号となる本塁打は貴重な場外さよなら3ランとなった。ヒーローインタビューでの寺内選手の言葉は、味わいのある、実感のこもった言葉でしたね。「プロ野球生活の中で一番芯を食ったホームランでした。」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R