忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

後味悪い幕切れ

 昨日の中日vs巨人の9回裏、わが巨人軍にとってまことに後味の悪い結末となった。場面は一死一二塁、打者は坂本、一点差だから外野の間を抜ければ逆転サヨナラもありうる。そして坂本の打球はまさにそんな痛烈な当たり。一瞬抜けたかな?と思われたがセンター大島が俊足を飛ばして好捕。二死に。
 ところが一走重信が二塁ベースを空過してしまうという凡ミスを侵した。スローで見ても一度二塁を踏んで一塁に帰る第一歩はベースから離れている。草野球なら問題ないプレー(村長でもセーフの判定をしていただろう)だが、プロは厳しい。「うっかり」では済まない恥ずかしすぎるミスである。審判も岩瀬投手も落ち着いていた。アピールプレイをする時はインプレー中でなければならない。主審の「プレー」の合図に「タイム」をかけて二塁に送球してしまったが、審判も無視する態度を見て(アウトもセーフも無判定)、岩瀬投手「あっ」と気が付いたのでしょう。再度の「プレーコール」に、手順通りプレートを外して二塁に送球。これで初めてアピールプレイが成立。一走が3アウト目なのでゲームセット。岩瀬投手がウッカリ、ボークでもしようものならアピール権は消滅するという逆の凡ミスを侵すところでしたね。ちゃんちゃん
 重信選手も足を生かして勝利に貢献した時もある。村長には無いその武器を磨いてほしい。ここ二試合でミスした経験を次に生かすんだ。たられば、になっちゃいますが、坂本の当たりは抜けた!と思った村長です。
 PS,岩瀬投手、950試合登板日本新記録おめでとう。でもね、救援と先発の記録は同一では語れませんね。9回投げ切っても一試合、9回だけ投げても一試合って・・・
PR

コメント

重信選手

ジャイアンツ・ファンにとっては、本当に後味の悪い結末でした。重信選手には猛省して貰いたい。

唯、試合終了後の高橋監督のコメントには、もう少し配慮が欲しかったなという思いも。突き放すようなコメントだったのが、個人的には残念でした。

真面目過ぎるが故なのでしょうが、高橋監督のコメントには“遊び”が無さ過ぎる。プロとして恥ずかしいプレーというのは判るけれど、突き放す様なコメントだけでは、若手は委縮してしまう可能性が。

「プロとして恥ずかしいプレー。」と痛罵するのは良いのだけれど、其の後で「でも、長嶋茂雄さんも慎之助も、同じ様なプレーをした。だから、重信も彼等の様な一流選手になれる可能性が在るのではないか?今回のプレーを糧に、もっと精進してくれたら嬉しい。」とユーモアを交えて言えば、重信選手も救われるし、すっとした思いで反省出来ると思うんです。高橋監督には良い監督になって欲しいので、敢えて苦言を書きました。
【2017/08/08 01:53】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

中日も同様

giants-55様、高橋監督は次の日に励ましたそうですね。記事でYOUTUBEのリンク貼ろうとしましたが、コメントが酷すぎて辞めました。多分、中日ファンなのでしょうが、「ルールを知らずに一軍にいるな」とか「重信 タヒね」なんてのも。ルールを忘れていたのは、中日も同じなのに(アピールプレイをタイムを掛けて行った)。
【2017/08/10 11:42】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R