忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

野球に「まさか」は付き物だが

 昨夜の巨人vs楽天、交流試合の緒戦は「まさか」のテンコ盛り。
 三回表、巨人は矢野の初安打(2塁打)を犠打で送ると、打者円谷の初球にスクイズのサイン。「まさか」の奇襲だったが、相手投手を考えると序盤とはいえ、有り得る作戦かも。ここは、楽天岩隈咄嗟の判断(故意にワンバウンドを投ずる)に阻まれてしまう。
 その裏の楽天の攻撃でも「まさか」の采配が。鉄平と松井の連打と高須の四球で一死満塁の好機。ここで6番中村がセンターにタイムリーヒットを放ち0-1に。、猶も満塁の場面で二走高須に代走を送ったのだ。序盤の三回に5番打者を替えるとは。まあ、高須選手に何かあったのだろうと解釈するが。この采配が次のプレーで生きてくる。先発澤村の暴投阿部捕手が見失う間に三走に続いて二走までも生還してしまう。この3点目はかなりダメージが大きかった。
 5回を終わって0-3、岩隈の前に無得点に抑えられていた。ところが6回のマウンドに岩隈の姿は無い。「まさか」のアクシデントだ。(後に肩の違和感と判明)。巨人の反撃は7回。2点を還すのだが、ラミレス長野の渋い安打が印象的だった。
 そして9回表、ストッパー、サンチェスの前に坂本、ラミレスが連続三振に倒れ、万事休す、とあきらめムードの中、自身開幕戦の阿部が安打で出塁。ここから「まさか」が始まる。暴投で二死二塁となるや長野を敬遠、これは当然の策といえる。次打者の矢野もカウント0-2と追い込まれてしまうが、ここでサンチェスが「まさかのド真ん中への直球」を投じる。矢野は三遊間を痛烈に破る。阿部の代走大田の足が心配だったが、大きなストライドで同点のホームイン。なおも満塁と攻めると円谷が初球をライト前に運び、「まさか」の逆転打
 投高打低の両チーム。特徴をいかんなく発揮した試合(泣)でした。
 ればたら、は禁物ですが、もし9回2-3のままで終わっていたら、3回に見せた「代走舛田」の星野采配が勝因となっていたであろう。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R