忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

塁審の判定、今度は阪神に有利!?

 昨日のことは忘れて、ドーム第二戦に臨んだ巨人軍でしたが、久々の先発金刃投手が一回の表ブラゼルに一発を浴びるなど3失点。巨人もその裏一死から脇谷が安打、小笠原が四球を選んで阪神先発の下柳投手を攻める。四番ラミレスの打球はライト方向への飛球だ。
 ここで一塁塁審
「インフィールドフライ」を宣告し、打者はアウトに。しかし、減灯のデーゲームの所為か、この打球を二塁手はおろか右翼手も捕れない走者がそれぞれ二、三塁に進んだのはいいが、問題は打者走者となる筈のラミレスだ。えっ?すでにアウトを宣せられているって?
 
 しかし、ここで問題になるのは「普通に内野手が捕球できる飛球」に対して宣告されるのが「インフィールドフライ」の筈。外野手の前まで飛んでいる打球にこの宣告は出来ない。塁審が「右翼手が捕るべき打球だが、二塁手も普通に捕球できる」と判断したのなら妥当な判定であるが、村長が見た限り、二塁塁審は打球の行方を見失っていたように思えた。つまり、「俊足の内野手が必死に追えば捕球できる飛球」はインフィールドフライではない。

 減灯の影響は巨人の守りにも出た。阪神の打者が打ち上げた飛球は、三本間にあがったのだが鶴岡捕手もライアル三塁手も打球を見失っている。慌てたのは坂本遊撃手。必死で走ってきてこの飛球を捕った。なんと、本塁から7、8m位の位置だった。鶴岡捕手はキャッチャーズボックスの中でジッと見守っていた
 いろんな影響はあるだろうが、減灯試合には賛成である。捕れそうもない打球に大声で「オーライ」を叫んだ平野二塁手。三本間の飛球を必死で捕球した坂本遊撃手。いづれも「減灯が生んだファインプレー」である。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R