忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

坂本勇人、ベストプレーを!

日曜日のDeNA戦は久しぶりに友人と観戦。彼は広島出身で大のアンチ巨人ファンである(笑)。今年は広島が好調なので、恐らく優越感に浸りたくて来たのだろう。BSのテレビ欄に午後5時から、とあったのでまずは缶ビールで乾杯してテレビの前に陣取った。
 この第三戦を落とせばDeNAと順位が逆転する。3タテは避けたいところだ。画面には見たくもない連敗した試合やDeNAの不動の4番筒香選手の本塁打などを流している。5:30やっと試合が始まった。巨人は待ちに待った阿部選手の4番、前後を坂本、村田で固める村長が思う最高の打線で巻き返しを狙う。
 しかし、一回表、一番長野二番橋本三番坂本がDeNA先発今永投手に簡単に打ち取られるとその裏、先発マイコラス投手がピンチを迎える。先頭の桑原の打球を名手村田がエラー。エリアンは三振で一死はとるものの、桑原に二盗され、梶谷を歩かせていやーな4番筒香を打席に迎える。
 ここで、坂本のイマイチなプレーが出た。それを見た彼が叫んだ。「坂本!またやっちゃったな!」。そう、またやっちゃったのです。筒香の打った打球はSS坂本のほぼ正面への低いライナー一走二走とも帰塁するも坂本はショートバウンドでグラブに納め、ゆっくりと二塁ベースを踏んで一塁に送球し6.6-3のダブルプレーで3アウトチェンジだ。
 この場面、前にもあった(昨年のDeNA戦だったと思うが)。もうおわかりであろう。何で目の前にいる桑原を無視する!二塁ベースに立っている彼にタッチしてから二塁ベースを踏めばよい話。わずか数秒でダブルプレーが成立するのだ。二走の桑原には二塁に留まる権利は無いのだ。一走の梶谷に明け渡す義務が生じたためである。坂本が二塁を踏んだ時点で一走梶谷はアウトとなり桑原はその義務から解放されたのだ。もしも坂本の一塁送球が暴投となったら、桑原は三塁に進塁し更には本塁へも。ゆえに坂本のプレーはベストではなかったのである
PR

コメント

ジャイアンツ

書き込み有難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

野手陣が不調な中、今季の坂本選手は良く頑張っていると思います。唯、守備が上手くなったが故に、時折軽率なプレーが出てしまうのは残念。

弱いチームというのは、概して凡プレーが目立つ物。今季のジャイアンツもそうで、“状況”を念頭に於いていない凡プレーが多いですね。凡プレーが失点に繋がってしまう・・・此れじゃあ優勝なんか出来る訳が無い。
【2016/07/26 11:41】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R