忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

喜べない阪神『新井』と巨人『山口』

 24日の夜のプロ野球から。まずは巨人の山口投手2-4と2点リードしている場面で、久保投手からバトンを受けての登板。二死一塁からオリックス4番のT-岡田選手に高めの棒玉をバックスクリーンに運ばれ、4-4にされてしまう。内海投手の一勝は、この瞬間に消えた。
 ところが、その裏長野亀井両選手にソロホームランが飛び出して4-6に。最後はクルーン投手が三人で締めくくったことにより、山口投手に勝ち星が付いた。「ごっつぁん勝利」山口投手は、先発の内海投手を思えばケシテ喜べない夜になったことでしょう。

 そして、甲子園のロッテvs阪神では、笑い事では済まない珍事が。4-4で迎えた9回裏、一死満塁の場面。三塁走者はマートン、二走は新井である。ここで、新井選手は危機管理を怠ってしまった。次に起こるプレーに対するシミュレーションができていなかった。例えば、内野ゴロなら何とか併殺を免れる走塁ヒット性の打球の時の判断、などなど。
 城島選手の当たりはセンターへの飛球。ここでの新井選手がとるべき行動は二つ。ロッテの中堅手が捕球した場合はハーフウェイから二塁に素早く戻る。また、もしも落球もしくは安打になった時には、三塁まで到達しなければならない。有り得ないことではあるが、8-5-4とか8-4-3という併殺が完成すれば三走の得点は認められない
 新井選手が選択したのは、なんとなんと、三塁目指してタッチアップ。ロッテの中堅手はダメモトでバックホーム。ここで中継に入った二塁手井口選手はホームは無理と判断し、三塁に送球。二走新井選手はアウト?かどうかは判りませんが、ともかく新井選手のアウトよりも先に三走マートン選手はタッチアップからホームベースに滑り込んでおり、4-5Xで阪神のサヨナラ勝利は確定しておりました。一塁ベース付近で成り行きを見守っていた城島選手は、新井選手の凡ミスにマジ切れ、だったそうです。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R