忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

アナウンサー、ひど過ぎ!

 昨夜のプロ野球、中日-巨人戦について。
 東北シリーズで三連敗はダメだろう、と思いつつTV観戦するも、エース内海が打たれ3-1に。ところが4回、阿部の安打を口火に高橋村田も続き一死満塁という絶好機。打席には7番古城。彼も粘った末に渋く三遊間を破る。
 3-2、一点差だ。しかし、解説の篠塚氏は言う、「4連打で一点とは・・・」。ははは、阿部、高橋、村田が走者では単打で二点は期待できない(泣)。ここで8番藤村が初球の甘~い直球を振りぬくと右中間を深々と破る走者一掃の三塁打3-5と一気に逆転した。
 結局、その後も阿部の2ラン、藤村の二塁打などで加点し3-9と快勝したのだが、今日の記事のカテゴリーが「野球」ではない理由は、ヒーローインタビューのアナウンサーの酷さにあった。久々のお立ち台は、文句なく藤村だ。逆転の三点三塁打一打点をあげた二塁打の、プロ初となる一試合四打点の活躍だったからだ。
 ところが、現地福島局のアナだろうか、質問が酷過ぎた。逆転の三塁打を、「見事な逆転の二塁打でしたね」。さらには、自身初となる一試合四打点を、「一試合五打点の活躍でしたね」
 インタビュー後、放送担当のアナが「一試合四打点です」とクールにフォローしてたのには思わず笑っちゃいました。
 マジックも24となり、連敗をスカッとストップしたのはいいが気がかりなことも。好調だった打線の中で一人「蚊帳の外」だったのが坂本。特に悪い点は見当たらないので、また得意の固めうちで打率も上がってくるとは思いますが、いつもはポーンと外野フライをあげるのに好機で犠牲フライが打てない。まあ、中日の投手の攻めが良かった、と前向きに捉えて次に進んで下さい。三連戦が秋田、岩手、福島ということで、八戸で野球をしていた坂本が「いいところを見せようと」力んだのでしょうか?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R