忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

谷垣総裁、出馬断念

 村長が高校のとき、「行ってみたい国は中国」という作文を書きました。1960年代初めです。その後、日中国交正常化などを経て、益々身近に感じてもいい筈なのに逆に嫌いな国ベスト1になっていました。以降ずーっと変わらず一位のまま(笑)。
 今、韓国のアホなトップの発言のせいで日韓関係が悪化の一途をたどっております。ブログやポータルサイトのコメ欄にも、日韓ともに、聞くに堪えないような表現まで書き込まれております。その殆どは「韓流ドラマ撤廃」とか「K-POP禁止」、「ゴルフ大会に韓国人は出るな」というもの。まるで、韓国が数年前までとっていた「日流禁止政策」をやり返しているような空しいやりとりです。
 アホなトップのコメントや行動には、日本人としては当然腹が立ちます。しかし、だからといってテレビドラマや音楽、スポーツの交流を止めろ、とはオリンピックの場で政治的メッセージをする行為と五十歩百歩。
 
 話は変わって、谷垣総裁が自民党の総裁選に出馬しないことを宣言しました。出馬断念の理由は、石原幹事長が出馬を表明していることを受け「現執行部から二人が総裁選にでることは良くない」そうです。
 でも、「本当は野田総理に、解散は近いうち、と騙されたからだ」と言えばいいのに。その野田さんと言えば、「近いうち解散」は、どこ吹く風。尖閣三島買い取りでは、20億円で地権者の横っ面をぶん殴って国有化。APECでは韓国の李大統領と満面の笑みを浮かべて握手し、韓国債10兆円の買いを指示したとか。年末にはロシアのプーチン大統領との会談までセット。
 任期いっぱいまで、「近いうち解散」を言い続けるでしょうネ。代表選でも対抗馬はいないようですし。自・民がバタバタやっていると、日本維新の会には順風が吹き続けるでしょう。巷では、マニフェストをやめて「八策」にしようという意見も。民主党のせいで、マニフェストには悪いイメージが出来上がっちゃいましたから。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R