忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「うちも光星なんで・・・」

 春の選抜。校名を八戸学院光星と変えて臨んだ一回戦。相手は優勝候補の呼び声も高い、横浜だ。試合前日メディアの取材に、阪神タイガースの北條選手の弟で一番打者を勤める裕之遊撃手(昨日は三塁を守ってました)が素晴らしいコメントをしました。「緒戦の相手は優勝候補の伝統校横浜ですが、意気込みを聞かせて下さい」という記者に、「相手が横浜なら、うちも光星なんで」。
 このところ、3大会連続で準優勝の実績のある光星学院からすれば、「光星」だって伝統校だ!と言いたかったのでしょう。その自信は試合に結びつきました。横浜に先制されるも直ぐに追いつき、続く3回には怒涛の攻めで一挙5点を挙げ9-5と打ち勝った。本塁打も2本飛び出し、15安打の猛攻だった。
 注目の台湾からの留学生、蔡君も5打数3安打1打点と大活躍。南(台湾から)、北(八戸からバス6台)からの応援団の声援に応えた。試合後のインタビューを中井監督と蔡君が受けていました。蔡君は、優勝目指して頑張る、と力強く宣言。5番打者として、一塁手として元気一杯のプレーは、チームのムードメーカーでもある。
 試合を観て、8番打者の馬場君がヒーローだと思いました。同点打に続き逆転のタイムリーも放つなど、蔡君と同じく5-3(2打点)。脅威の8番打者だ。
 今年こそ悲願の優勝を目指す光星に、この曲を。
  ジミー・バーンズの「No Second Prize」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R