忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

最高の舞台で最高の相手と最高のチームで

カナダで開催されているサッカー女子W杯。昨日決勝進出を決めたアメリカの相手は、イングランドか?ディフェンディンぐチャンピオンの日本か?今日は試合開始からバッチリ観戦。
 大会前の下馬評では日本の連覇は難しい。とか、4強には入れない。などと噂されていた。実際、攻守の要である澤選手の高齢化、安藤選手の骨折離脱という不安材料が存在していた。佐々木監督は、澤選手を野球の投手に例えて、彼女はストッパーと称した。
 安藤選手の思いを22人が一つになって全勝で勝ち上がってきた。すべての試合一点差とはいえ全勝で4強に残ったのは日本だけ。ツキも味方している。「なでしこジャパン」が「かみかぜジャパン」となって連覇という偉業に向かっているのだ。ただ、嫌なデータも。過去一度も英国には勝っていないのだ。でも、ランキングでは6位の英国よりも上(日本は4位)だし、きっとやってくれると信じてTVを見ることに。
 さて、試合は互いにPKによる一点を取り合い、1-1で前半を終える。ストッパー澤とラッキーガール岩淵を温存したまま後半に。ここから英国の怒涛の攻めが始まる。高さを武器にアーリークロスをゴール前に上げる。単純だが身長差を生かした攻めは日本にとっては一番嫌な戦法である。しかし、ゴールキーパー海堀の好セーブやサイドバーに助けられアディシャナルタイムに入る。ここで、右サイドを走る川澄が途中出場の岩淵、エース大儀見に合わせるように縦パス。
 相手DFが必死に出した足に当たったボールは無情にも自陣のゴールネットを揺らした。オウンゴールだ。そしてゲームセットの笛。後半は押されっぱなしだったが、勝利の女神は日本に微笑んだ。インタビューに応じた岩淵選手、「最高の舞台で最高の相手と最高のチームで戦える」。だって。若いのに粋なセリフだ。まったく化粧っ気のない日焼けした顔が輝いていたのが印象的でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R