忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

サッカーボールと硬式球

サッカーのFKの練習をしていた少年の蹴ったボールが学校のフェンスを越え、道路を通りかかったバイクの男性が避けようとして転倒。男性はその怪我がもとで亡くなった。遺族が賠償請求していた裁判は最高裁の「親の責任は問えない」という無罪判決が下った。
 これは、ボールが飛んでくるのを予見できないし、バイクが通りかかるのも偶然と考えられる。しかし、逆の例が札幌であった。
 日ハムの選手が打ったファウルボールが観客の女声の右目を直撃。女性は右目の視力を失ったことで、球団、札幌ドーム、札幌市を訴えた。しかし、こちらはファウルボールは想定内のこと。なにか他のことに目が行っていたのでしょうが、打者が打つ瞬間は注意して準備しておくべきでしょう。フェンスが低いとかいう意見もありますが、世の中の流れは臨場感を得たいためにダイヤモンド付近までシートを張り出す球場も。
 また日本では「ファウルボールにはご注意を」のアナウンス、米国ではH.ベラフォンテ「Day-o!」の声が鳴り響く。サッカーボールの場合と違って、常に備えておくべきでした。右目を失ったのは可哀想で、球団もなにがしかの示談には応ずるべきでしょうが訴訟はないな、と感じます。
 ちなみに、野茂英雄投手が渡米してすぐに人気が出ましたが、あの独特のトルネード投法と共に、「Day-o!」という歌声が「HIDE-O!」に聞こえたから、という話を聞いたことがあります。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R