忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

MLBも勘違いプレー

 先日日本の高校野球で起きた「塁の占有権」に関する勘違い、がMLBでもあった。イチローのマリナーズvs松井のアスレチックス第二戦は、一点を争う展開。一点を追うA’s無死一二塁の好機。ここで次打者の打球は低いライナーとなって二塁手の前に。地上スレスレで捕球かと思われたが二塁塁審は「セーフ」のジェスチャー。
 A's二走者は二塁ライナーと判断し、あわてて帰塁。二走などはヘッドスライディングしてベースにしがみついている。一方マリナーズの二塁手は起き上がると二塁に入った遊撃手(SS)に送球。SSはベースを踏んで一塁に送球する。ところが、打者走者が俊足だったために、一塁はセーフの判定。ここで、一塁手が二番目の勘違い(一番目はSS)。なんとアウトになった(SSがベースを踏んだ時点で一塁走者はフォースアウト)一塁走者にタッチしようと追いかけて、一二塁間でタッチする。この一塁手のプレーは珍プレーで済むが、SSの勘違いは併殺が取れていただけに凡プレーである。4-6-3の併殺が完成していれば、笑って済ませたかもしれないが。
 先ず二塁手はSSに送球するのは仕方ない。SSが4-6-3の併殺を狙ったのもベターだったかもしれない。しかし、二塁ゴロと判定されたた時点で、二塁走者には「二塁の占有権」は消え、三塁を目指さなければならない。
 この場面でのSSがとるべきベストプレーは、先に二塁ベースにしがみついている二走にタッチしてから二塁ベースを踏む。これにて二塁走者と一塁走者がアウトとなり併殺は完成、さらに三重殺を狙って一塁に送球していたら格好よかった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R