忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

菅総理、満面の笑み

 とうとう、と言うか、やっとギブアップした。地下水が放射性物質で汚染され、無人作業ロボットも故障中の福島第一原発。マニアルに無い事態に対処できなくなり、原発先進国のフランスに泣きついた。
 昨日のサルコジ大統領と共同記者会見に臨んだ我が国の菅首相のだらしない笑顔にガッカリ。大口開けてを見せて。一体全体サルコジ氏がなんで来たのか?何故、仏アレバ社がロボットを含む機材を持って来てくれたのか?まるで緊張感の無い笑顔だ。
 いっそ、サルコジさんに対策本部長をお願いしたい気分だ。それとも、仏アレバ社のロベルジョン社長でも可。「私たちを従業員だと思って使ってください」、と毅然とした態度で海江田経産相に話す口調は、海江田氏よりも男っぽい(失礼)。

 宮城、岩手などの被災地では火事場泥が起きていると言う。自宅があるべき場所にないために、他所でガレキと化した自分の家らしき家具の中を探す人。逆に自分の土地に流れてきた家具などから物を拾う人。いずれも悪意は無い筈。ここは、人の善意を信じるしかないのだろう。
 一言。この激甚災害時に復興財源として増税(消費税か新税)を言う与野党の議員さん火事場泥棒と一緒ですよ。被災者、被災者家族に「増税しますので宜しく」って言えますか?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ

東京消防庁ハイパーレスキュー隊員を始めとする数多くの自らの命を顧みない無名の人々の献身により,第一の危機は乗り越えることができた.危急の事態に「圧倒」される初期状態からぎりぎりのところで巻き返しに転じ,何とか事態をコントロールできる可能性が芽生えてきた.全世界の注視を浴びる中でここまで踏ん張ることができたことを日本国民の一人として誇りに思う.しかし,依然として前途は多難であり,楽観は許されない. 現場的には大量の放射性汚染水をどうするかというところで関係者の苦悶・苦闘が続いている.基礎技術的には高濃...
WEBLINK [URL] 【2011/04/02 09:49】

原発危機:高レベル放射性汚染水の海洋への漏出を止める

今日で震災発生から25日目,1号機の爆発から数えても24日が経過したが,事態は概ね前回のエントリ『原発危機:福島第一原発水葬までのロードマップ』に示した方向にゆっくりではあるが動き始めた.この記事の中で「海面に向かっている冷却水の取水口と排水口は完全に閉鎖しなくてはならない.この水路系の放射線レベルを測定すれば,表流水ないし雑排水系から放射性汚染水が流入している箇所を特定できるだろう」と述べているが,2日になって取水口付近のピットに20センチメートルの亀裂がありそこから高濃度放射性汚染水が流入していること...
WEBLINK [URL] 【2011/04/04 07:12】

原発危機:低レベル放射性汚染水を海洋に放出する意図的な犯罪行為を直ちに停止せよ

今日は不覚にも深寝してしまった.パソコンの前に座ったら,低レベル放射性汚染水の海洋への意図的放出が始まっていた.予定していたメガフロート(1万トン)の手配が遅れるためと説明しているが,真っ赤な嘘だ.海洋に投棄するくらいなら,なぜその水を注水用の原水として使わないのか?現在高レベル放射性汚染水の水量が増えているのは,原子炉圧力容器に水漏れがあるため外部から調達した用水をポンプで注水しているためだ.現在海洋投棄している低レベル汚染水をこの注水用の原水として用いれば,全体としての水量はまったく変化しないで現状を...
WEBLINK [URL] 【2011/04/04 22:30】

原発危機:なぜ2号機ピットから噴き出てる水をバケツで受けない?

おめでとう!やったね. 汚染水の流出止まる 福島第1原発2号機 2011年4月6日 06時52分 http://www.excite.co.jp/News/science/20110406/Kyodo_OT_MN2011040601000068.html  福島第1原発2号機の取水口付近で高濃度の放射性物質を含む水が海に流出していた問題で、東京電力は6日、薬剤注入の結果、同日未明に流出が止まったと発表した。 とりあえず,2号建屋のピットから流出している高濃度放射性廃水を止めるた...
WEBLINK [URL] 【2011/04/06 07:33】

原発危機:まぼろしの安比高原スキー場レストハウス

1978年(昭和53年)の宮城沖地震のときわたしは仙台で大工をやっていた.大工を始めて5年目,ようやく一人前の職人として認められるようになった頃だ.地震発生は17時15分,マグニチュード7.4という大きなものだった.そのときわたしは仙台市内の建前(たてまえ)を終えたばかりでまだ外も囲っていない木造2階建ての現場にいた.その建物は入母屋(いりもや)造りの純日本建築だったが,建坪50坪ほどあり民家としては大きい部類に入る.グラグラっと来たときにすぐ,これは大きいぞ!というのが分かった.外を見るとコンクリート製...
WEBLINK [URL] 【2011/04/09 06:47】

原発危機:まぼろしの安比高原スキー場レストハウス(続き)

現場に入ったのが遅かったから自ずと工期は詰まり,激しいブリザードの日は何日もあったが,この約50日間の間で休んだのは1日だけという突貫工事となった.前も見えないほどの猛吹雪の朝,雪中の作業には慣れているはずの地元勢にも不穏の空気が漂い,結束して今日はどうあっても仕事できないという強硬な申し入れがあったときでさえ,わたし達仙台勢だけは現場を空けなかった.仙台から乗り込んだ手勢は現場近くの民宿に止まっていたので風呂には毎日入ることができたが,一度も洗濯しなかったので履き替えの軍足が50足後に残った.そのときの...
WEBLINK [URL] 【2011/04/10 16:56】

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R