忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

野球は9人でなくても・・・

 高校野球の北海道小樽地区の秋季予選で珍事が起こった。双葉高校の野球部員は一年生5人のみ。そこで夏期は暇なスキー部などから4名を補充して大会に臨んだ。その変な助っ人の中には「帰宅部」の人も。彼は、「バットがないので木の棒を振って練習した」とか。村長は7,8歳のとき、稲刈り後のたんぼで遊んだ三角ベースを思い出して涙がこぼれそうになりました。
 地区大会のルールでは野球部員は9人いなくてもOKなのですね。知らなかった。その「にわか野球部」が3戦連続コールド勝ち、という快進撃。決勝では名門北照にコールド負けは喫したものの準優勝は立派!
 可哀そうなのは、負けたチーム。まさか!といった気分でしょうね。コレを聞いて思い出すのは二十年ほど前に経験した、村長の草野球史のベスト3に入るであろう試合での出来事。
 その試合は市内の問屋町の会社数十社が参加して行われた大会の二回戦だった。相手はビシッとかっこいいユニフォームで、練習もよく声が出ている優勝候補。一方村長チームといえば、新チーム結成間もない部員も丁度9人という素人軍団。もちろんユニフォームなど無く、エースで4番のC君頼みのチーム。少ない点数を彼の右腕で守りきりなんとか勝ちにもっていくパターン。初戦もC君のホームランによる1点を守りきっての勝利だった。打線は1番を打つS君だけが野球経験者。3番の村長、4番C君で点を取る作戦だ(それしかない)。
 ところが流石強豪。相手投手に手も足も出ない。シュートが武器のC君もヒットは打たれるが、味方エラーによる1点に抑えて1-0でいよいよ最終7回の裏を迎える。一番からの攻撃もすでに二死。ここで村長が右中間を破る二塁打で出る。打席にはC君が。文字通り最後のチャンスだ。すると一試合目でC君がホームランを打っているのを相手監督は知っていたのだろう。マウンド上の投手に歩み寄ると何事か話しかける。
 ここは、逆転の走者を出す危険はあるが打ちとれそうな5番打者と勝負するか、4便と真っ向勝負かの二択しかない。相手の選んだ結果は・・・・・くさい処を攻めて四球やむなし、だった。
 この選択は相手投手の制球力がいいから有り得るが、素人には変わりない。2ボールからの三球目は内角低めへのストライクっぽい球だ。C君はこれを見事にレフトオーバーのさよならホームラン!
 試合後、選手をベンチ前に整列させた相手の監督が大声で怒っている声が聞こえてきた。「なんでユニフォームもないようなチームに負けるんだ!」
 ちなみに、この大会のエキシビジョンゲームとして行われた、大会運営チームと我が社チームの試合がベストゲーム。この試合の模様は後日にまわすとして、C君はこの試合でもホームランを打っていて、結果3試合連続ホームランという大当たりでした。我がチームはその後も2-0、3-2と接戦をものにし、双葉高校同様準優勝に輝いたのでした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R