忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

守備にスランプは無い

 「守備にスランプは無い」とは書いてみたものの、誰の言葉だったかは思い出せない(悲)。昨夜は、巨人-中日戦の放映が無いため、ラジオで実況を聞きながらオリックス-日ハム戦を何となくテレビ観戦。
 オリックス先発の岸田投手が素晴らしい投球を見せている。しかし、それを上回る投球を繰り広げているのが、日ハムの増井投手。とてもプロ初先発とは思えない投球に、終盤はラジオを切ってテレビ画面に向かう(巨人は7-0とリードしていて、藤井投手の出来から楽勝と判断)。
 7回を終わって0-1と最小得点差。日ハムの一点も、7番稲葉右翼手の二塁正面への強烈な打球を二塁手が失策したもので、岸田投手には不運な失点であった。8回表、日ハムはここで1安打無得点に抑えてきた増井投手を交代させる。ところが二番手の投手が二死二塁のピンチを迎えると、オリックスの打者にライト前に痛烈な当たりを喫してしまう。稲葉右翼手は猛然と前進すると素早くバックホーム
 二塁走者は当たりが強すぎたため、三塁を回ったところで本塁突入は諦めた。カメラも三塁走者の模様を映していた。ところが、稲葉右翼手の狙いは、バックホームではなく、一塁への送球。結果は悠々間に合うライトゴロ。二死一三塁とピンチが広がるのを阻止する好プレーでした。解説の与田剛氏も、「一塁でのライトゴロは初めて見た」と稲葉選手を絶賛しておりました。
 結局、最後は防御率0点台のサイドスロー建山投手が締め、増井投手は嬉しいプロ初勝利。
 今季のパリーグは、王者、北海道日本ハムファイターズが最下位と低迷。本命と読んでいただけに意外なスタートです。ちなみに、オリックスの快進撃(現在3位)は、大化けする可能性のある若手投手が多いだけに、岡田新監督の手腕を考えて、予想はしておりました(自慢?)。

 打率0.208と低迷している稲葉選手ですが、こういう積極的な守りから浮上のきっかけとして欲しいものです。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R