忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

基本が大事Ⅱ

 高校野球は大阪桐蔭の優勝で幕を降ろしましたが、今年の大会では野球の基本に関していくつか疑問が残りました。勘違いでサヨナラを許したり、1%の成功を信じて全力を尽くすプレーを忘れたり、基本を忘れる瞬間がいくつか有りました。さよならスクイズが決まったのに、打球を処理して一塁に投げようとした選手もいましたね。
 もちろん、プロでも間違うのだから高校生だって・・・という慰めも必要ですが、最後まであきらめない、という点ではプロもアマも無いと思います。昨夜の阪神vs巨人でも是非高校生も真似して欲しい好プレーがありました。それは、阪神の福留右翼手です。
 9回裏3-2と阪神が一点リードしているものの、無死三塁というピンチの場面。三走は代走の鈴木、打者は5番村田選手でした。村田の打球はいい当たりのライナーで福留右翼手の左へ。この打球を福留選手は勢いをつけジャンプして捕球すると自慢の肩で三走を刺そうと必死でバックホーム。しかし、鈴木の足がわずかに上回り、同点のホームイン。
 飛球ではなく、鋭いライナーをジャンプして捕ってすかさず送球する。まさにプロの外野手のプレーでした。ちなみに、もしも3-3の同点だったら福留選手の守備位置はずーっと前になるため、村田の打球はライトオーバーのさよなら二塁打だったでしょうね。
 試合は二死二塁からロペス選手の中前タイムリーで巨人がサヨナラ勝ちでした。このプレーでも阪神の中堅手大和選手が必死のバックホームを見せましたが、二走大田の足が勝りました。というより、二死だったのでセーフでしたね、一死か無死でしたら最初の一歩で0.5秒くらい遅れますから。ジャイアンツキラーのメッセンジャー、クローザーのオ・スンファンをつぎ込んで星を落とした阪神のダメージは大きいでしょう。
 最後はオ投手の一人相撲といった感は否めませんが、両軍全力を尽くした好試合でした。3点は失ったものの、7回を投げ切った杉内投手の気迫がツーランを放った阿部選手たちに伝わったと言えます。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R