忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

一点の重さ

 曜日の巨人vs阪神は、我が巨人軍は後半一点を返せずに1-2で敗れたが、曜は2-1とお返し。この日は阪神が一点に泣いた
 解説者席には古田氏と福本氏。たしか古田氏だったと思いますが、二回表の巨人が二点目を取った場面。二死三塁、打者は8番の實松「ここは敬遠して9番澤村と勝負すべきだ」と解説者。村長もそう感じていた。いくら今季無安打の實松捕手とはいえ、堅実な方を選択すべきであった。貴重な初安打がタイムリーとなり、結果的には試合を決めた一打となった。古田氏の、「後になって、あの時の一点が・・・とならなければよいが」、とのいやな予感(トラファンにとって)が現実のものとなってしまった。さして出来の良くない澤村は、8回途中まで投げて今季二勝目(三敗)。曜日の巨人の貧打線が、曜日の阪神打線に乗り移ってしまった感じだ。
 ところで、5月5日の子供の日、伝統の巨人vs阪神テレビ中継が無いのは何故?青森だけかな?カネ(有料放送)を出してまで観る気は無いが、曜日の東京ドームの試合は地上波(日テレ)とBS(BS日テレ)で同時に流していたのに・・・
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 12 13 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R