忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

DDT

DDTと聞いて何を思い浮かべるでしょう?
 プロレスの技? フォークグループ名
 村長の世代に限らず、小学校時代のいやーな思い出が蘇ってくる人もいるでしょう。頭に手拭いを巻き、それをひっくり返す。そこへ全身白ずくめでマスクとメガネの係員さんが頭上からDDTの粉末をプシューッと噴霧。シラミ退治だと思いましたが、髪の長い女子には特に苦痛であった。一時期効果があったDDTですが、環境ホルモン作用が疑われ、発がん性があるらしい、とのなどから廃止された。
 しかし、マラリア対策としてWHO(世界保健機構)はDDTを推奨。マラリア激減には効果を発揮する。発展途上国ではDDT使用のリスクより、マラリア発生のリスクの方が重大だということでしょうか。
 そんな中、日本の住友化学が防虫剤を染み込ませた化学繊維で織った蚊帳(オリセットネット)が賛否両論を呼んでいる。この蚊帳は従来半年に一度、蚊帳を薬品の液に浸していたものを防虫剤を織り込むことで5年持つという。WHOの要請もあり住友化学はタンザニアに技術を無償提供し、これによりマラリヤの犠牲者を4割削減したと言われている。だが、メリットばかりではない。何といってもマラリア発生地域は熱帯地域だ。蚊帳の弱点である熱気がこもるのである。いくら網目大柄なマラリア蚊用に広くしても、蚊帳は蚊帳である。また、防虫剤の成分中には蚊にも毒であるが人間にも毒性を持つ物質もあることからデメリットも大きい。
 WHOもこの蚊帳を推奨はしているが、中にはDDT派もいる。絶対的な対策というものはなかなか無いのでしょうね。今は、蚊帳DDTの使い分けでマラリアに立ち向かうしか手はないのでしょうね。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[01/12 NONAME]
[01/08 村長]
[01/06 giants-55]
[10/24 giants-55]
[10/24 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R