忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

見えない殺し屋

 正式な業界用語は、「硫酸塩エアロゾル」
 川添恵子氏の記事によると、この物質を大量に吸い込むことで体に健康被害が出るのだという。医者や学者らの発言&危惧をまとめると「免疫力の低下」「毒物が肺胞に溶け出し、あるいは血液の流れで心臓を含む内臓を傷める」「同一部位が繰り返し炎症を起こすことでがん化する」「後頭神経痛を起こしたり、嘔吐(おうと)するほどの激しい頭痛やめまい鬱やアレルギー症状が出る」「呼吸器系の症状が悪化する」「花粉症の症状悪化と慢性化」など。
 中国の話だ。前から大河の汚染は「七色の河」などと報道されたり、内陸部では砂漠化や石漠化が進み牧草地が減っていると聞く。禿山を緑にしようと思い立ったのはいいが、ナント緑色の着色スプレーを噴霧しようとしたり、あの国には本気で環境汚染をナントカしようとする気は無いようである。
 勿論、我が国にとっても大きな問題で川添氏も言うように「対岸の火事」ではないのだが、米が北京や上海の大気汚染を衛星で撮影するのを中国は、内政干渉だ、と抗議している。環境摩擦という新たな火種が発生している。
 もしかして、米の監視を欺くためにワザと昼も暗くなるほどの煙害を発生させているのでは?

 参照:汚染最悪の中国蘭州、大気観測結果を公表へ
     川添恵子、”対岸の火事”ではない中国大気汚染
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R