忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

井の中の蛙

もう40年くらい前の村長が「セトモノの心」だった頃の失敗談です。BS3で「にほん百名山」を見ていて、ふと思い出してしまいました。
 きっかけは大学のあるサークルの「新入生歓迎高尾山登山」という企画を発見した時のこと。新入生の村長はやはり同じ県、特に同じ高校の出身者とつるむことが多かった。そこで、その登山とやらの目的地、高尾山をコテンパンにけなしていたのだ。「何?標高600m?」、「標高1,000m以下は山じゃあないよな」、「標高600mは登山じゃなく遠足だろう」とか「800m近い高地に住んでいる俺たちからすれば、600mは登山ではなく下山だ」などと好き勝手を口にしていた。
 実際、我が長野県の「信州百名山」は標高1,000m以上が対象になる場合が多く、小学校の遠足も2,000m近い標高の入笠山や晴が峰だった。初めてのお泊りキャンプは、釜無山だったし、中学校では3,000m級の八ヶ岳登山が恒例行事に組み込まれていた。
 長野県出身者が唯一自慢できるのが、「山」だった。でもよーく考えてみると、0mから600mの高尾山、700mの筑波山に登るのと、800mから1,900mの入笠山に登るのではそんなに差はない。
 まさに「井の中の蛙」だった。こんな「信州の山猿」の馬鹿話に、高校時代山岳部で海外の山にも登山経験があり、勲章は両手に残る凍傷痕というI君が口を開いた。「ネパールに行けば、3000mなんて山のうちに入らないよ!」
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R