忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

一生忘れない日の一つ

 1995年1月17日。この日は多くの人々と同様、村長にとっても忘れられない「長い一日」であった。
 数年に一度くらいしか県外出張は無かったサラリーマン時代。この日は、仙台での会議のために朝早く家を出発。やはり会議に参加する2名の知人と、青森駅のロビーで合流する。やっと空が明るくなった5時半頃。
 この時点で関西で大きな地震があったとはつゆ知らず、8時ころ電車は仙台駅のプラットフォームに滑り込む。すると、ホームを行き交う通勤客が新聞紙のようなものを手に歩きながら読んでいる。電車を降りて、それが号外だと知る。
 たしか、「神戸で震度6強、死者300名」と記載されていたと記憶しているが、知人の携帯電話でニュースを聞くと、死者の数は約2倍の660名に増えている。
 迎えのバスに乗り込み、会議の開催される会場に着く頃には、さらに増えて4桁を超えていた。会議の冒頭、東京から来たという主催者もこの地震に触れ犠牲者への哀悼の意を表しました。
 今、テレビではハイチの震災の様子を報道してますが、死者は5万人を超えたそうです。最悪の場合20万人との予測もでているようです。6千数百人の阪神淡路も驚くべき数字ですが、20万人という規模は想像もできません。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R