忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

プロ野球解説の赤星がいい

 昨年、無念の引退を決断した元阪神の赤星憲広氏の解説が面白い。5日の阪神vs巨人戦の解説者が赤星氏だった。阪神の先発は久保投手。巨人はハーラートップタイの東野投手だ。
 両投手とも完璧な立ち上がりを見せる。特に久保投手は坂本、松本、小笠原の三人を落ちるボール球で三振に切って取っていた。
 ここで、赤星氏。「東野投手は緩急織り交ぜ、制球も完璧。一方の久保投手は完全なボール球を打者が力んで空振りしただけで、制球力に問題がある」
 村長は久保投手の方がはるかに調子がいい、と思っていたので彼の見方は意外な感じがした。
 ところが、二回裏の巨人の攻撃で、赤星氏の解説が的を得ていたことが証明される。ラミレス、阿部を四死球で歩かせると6番高橋吉伸に先制3ランを浴びる。さらに安打を連ねられ、この回5点を失ってしまう。5回を安打一本無失点に抑えた東野投手と明暗が分かれてしまった。久保投手の生命線である低めのボール球を見極められると苦しい。

 その後も、盗塁に関してや、打席での打者の心理などを実体験をもとに、自身のエピソードなどを織り込んで解説。ルーキーとは思えない心地よい(巨人が快勝したから?)解説だった。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 16 17 19 20
21 22 23 24 26 27
28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R