忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

青森県代表は八工大一!

 9回表光星学院の最後の打者の痛烈なライナーが、マウンド上の中山投手のグラブにスッポリと収まり、八工大一高八戸対決を制した。
 6年連続で青森山田に決勝で敗れ、悔しい思いをしていた光星学院。今大会の準決勝で、その山田を破り勢いに乗っていたが、また「あと一歩のところで」涙を呑んだ。
 
 0-0で迎えた2回裏の工大一の攻撃は、序盤の流れを掴む(相手に掴まれる)という意味では大きなポイントだった。無死一二塁で強攻したものの左飛で一死に。ここで珍プレーが出る。打者がスリーストライク目を空振り。光星の捕手が捕球できずにボールはバックネットへ。球審はすぐに打者アウトを宣する。ここで二塁走者は、打者走者が勘違いをして一塁に走ったのを見た捕手が一瞬躊躇してボールを追いかけるのを見てスタート。三塁を回ってホームへ突入。しかし、これは余りにも無謀な走塁であった。捕手からベースカバーの投手に送球され、タッチアウト。相手のミスに乗じたミスと言える。

 一点を工大一が先制して迎えた5回裏の攻防も大きなポイントであった。安打で出た走者をバントで・・・と思いきや工大一ベンチのサインは強攻策。しかも、最悪のピッチャーゴロ。1-6-3となるところが、光星大浴(おおさこ)投手が二塁に暴投。
 送りバントで一死二三塁となった直後の打球もピッチャーゴロも、投手が捕球できず二塁前に。二塁手がカバーしたところまでは良かったが、間に合わない一塁に悪送球。ファウルグラウンドを転々とする間に二者が生還して0-3となった。

 中山投手には、この3点で十分であった。終わってみれば3安打完封。ここまで全ての試合で二桁安打を放ってきた光星打線を完璧に抑えての12年ぶり5回目の甲子園出場を手にした。光星学院も6回からリリーフした秋田投手が、一人の走者を許さない投球を見せ、持ち前の強打線も反撃を試みたが中山投手を打ち崩すまでには至らなかった。
 中山投手には、甲子園でも打者との駆け引きで勝負する軟投を見せて欲しい。
 
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R