忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

キリスト教圏の感染者数、死者数

今回の新型肺炎の死者数に関して、先進国と呼ばれている国々の数字が桁違いの値である。アメリカ、イギリス、スペイン、イタリアに加えブラジル、スェーデンも我が国の累計数を一日で記録している。
 この状態を見ていて脳裏に浮かんだのは、古代ローマ帝国が滅んだのも疫病だったなあ、と。そして多神教のローマ帝国に入り込んだのがキリスト教でした。そのキリスト教国圏が大変なことになっている。
 実は日本でも似たようなことが起きていました。奈良時代に起きた「天平の疫病」では、時の政権を担っていた藤原四兄弟も病死しました。なんと閣僚の半数が犠牲になったという。聖武天皇は仏教の信仰を推進し、奈良の大仏が造られた。しかし、その甲斐もなく平安時代に入ると次々と災害が起きる。
 東北人なら東日本大震災の時多く聞かれた、「千年に一度の大地震」という言葉。その千年前の三陸地震が起きたのは、平安初期のこと。東北地方が壊滅的打撃を受けた。
 現在の感染病も大きな打撃には違いないが、奈良時代から平安時代の災害を見るとそのひどさに驚く。富士山の大噴火では富士五湖が、十和田大噴火では十和田湖ができた。当時の記録では京都の空の色が変わったと聞く。そして三陸地震だ。
 今、日本の防疫は概ね成功との評価である。勿論、専門家会議と政府、医療従事者の献身、などが言われるが、昔の教訓や経験から学んだ知恵+信仰も影響しているのかも?
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R