忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

会田コーチ、人命救助!

心温まるニュースを目にした。元巨人軍の投手で、現在3軍の投手コーチである会田有志氏だ。記事によると、二日前の夜、都営新宿線の駅構内で倒れていた中年男性を心臓マッサージとAEDによる手当で蘇生させたという。男性は自分の名前を言えるまで回復し、救急車で搬送された。
 会田氏は、故木村拓哉氏と同期退団。翌年の木村氏の急逝を見て選手の生命、健康を守る意識を強く持ち、アスレチックトレーナー資格を取得。また、毎年武道大の先生から救命講習を受けていたという。それが今回の人命救助に繋がったというわけだ。
 咄嗟に対応できることに驚きと称賛ですが、我が身に置き換えて考えるとき、果たして同様の措置をとることができたかは甚だ疑問だ。根性、根性、また根性の世代の村長は、「練習中の私語禁止」、「練習中の水道水を飲むこと禁止」、「遠征のバスは、座れない」など。中学校の野球部の実態です。半世紀以上前とはいえ選手の健康なんて、気合で乗り切れ、という先生、親、マスコミばかりでした。全否定はしませんが、もう一度人生をリセットできるなら、中学校1年に戻りたい。
 当時は、ゴムまり(軟球)も怖かった。その恐怖が消えたのは、捕手をやらされた28歳の朝野球の時でした。がよかったことから春のミーティングで監督から「お前は捕手」と告げられたのです。内角球には目を閉じるし、ワンバンは腰を引いてしまう。一番向いてないポジションだと思っていたのが、次第に恐怖は減り、打撃でも内角球に逃げなくなっていきました。その監督の口癖が、「根性で捕球しろ」でした。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[06/22 村長]
[06/22 giants-55]
[04/05 giants-55]
[11/22 岩崎 英明]
[11/18 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R