忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「ねぶた祭り」後記

 「ねぶた囃子の会」の友人から聞いた、八戸市出身のS君の話。
 S君は3年前に八戸の高校を出ると地元の水産加工会社に入った。そして勤務地として青森市の会社を選ぶ。八戸本社ではなく青森支社を選択したのは、「ねぶた祭り」、それも「お囃子」に興味があったからとのことだ。
 二年前からねぶた囃子を練習。今年は晴れの本番デビューとなるはずだった。いや、デビューは果たしたのだが3.11以降、悩んだという。家族や友人を呼んで晴れ舞台を見せたいが、故郷のことを考えると気が重くなったのだ。
 そんな時彼を後押ししたのが、震災後に聞かれた被災地の言葉だった。
 平成23年の思い出が、暗く辛い大震災のことばかりでは悲しすぎる。こういう時だからこそ、いい思い出も必要だ。
 S君は家族や友人の前で、太鼓を叩き横笛を吹きを叩いた。たった一夜の数時間ではあったが、S君の顔は汗と涙でくしゃくしゃだったそうである。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R