忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

巨人の助っ人かと

 不調深刻「助っ人8人全員クビ」も。ライブドアスポーツのヘッドラインだ。ははあー巨人のことか、と思いきや横浜の助っ人のことだった。
 今季の巨人も助っ人では苦労している。クローザーに起用したロメロは度々メロメロになった。アルバラデホも同じ。ゴンザレスは調子が出てきたと思ったら怪我で離脱。打者も及第点はラミレスだけ。
 途中から入団したとはいえ、未だに本塁打ナシ、打点ゼロのフィールズ選手には期待外れだ。勝利に貢献したのが二死満塁での三振振り逃げだけ(二走者が生還)。先日のヤクルト戦でも、3点を追う終盤で二死満塁のビッグチャンスでカウント3ボール0ストライクから、インハイのボール気味の球に振り負けて平凡な左翼フライ。次打者の坂本が次回に本塁打したことを考えれば(ればたらゴメン)、悔やまれる打席でした。確か解説の江川氏も「外人だからノースリーからでも打つでしょう」とは言ってましたが、あまりにも不甲斐無いバッティングだ。
 
 ところで、8月17日の中日vs巨人で投げ合ったチェン投手と内海投手。ラジオ解説の江本氏は、「そんじょそこらの投手戦と訳が違う」と絶賛しましたが、今月8日の中日戦もすごかった。中日ソトと巨人澤村が一歩も引かない好投を披露した。澤村投手は10回を投げ、2安打無四球という完璧な内容。なんとか1点をプレゼントしなきゃ、打者たちよ!
 東野投手、澤村投手、小野投手など、頭を丸めた投手はいるが、今年の打撃陣こそ頭を丸めるべきだろう。いや、打撃コーチ陣かな?
 
PR

コメント

同感です

ジャイアンツの外国人選手獲得下手は今に始まった事では在りませんが、今季の“外れっぷり”は本当に酷い。「泥縄」という表現が在るけれど、手当たり次第に獲得して此れだけ外れでは、泥縄以外の何物でも無い。ラミレス選手やクルーン投手、グライシンガー投手、ゴンザレス投手と、此処数年其れなりに結果を残した選手は、皆他のチームで実績を残した後に“戴いた”もの。渉外担当に問題が在ると言わざるを得ない。

原監督の留任が決まったとか。此の事自体は賛成だけれど、万が一彼が“御友達”たるコーチ陣、特にヘッドコーチと打撃コーチの留任に固執する様で在れば、其れはファンを無視し、“御友達”だけを守る行為と言え、“そうで在れば”原監督の留任は反対。
【2011/09/14 23:39】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

同感です(笑)

 giants-55様
 原監督、留任ですか。打撃コーチ陣の留任は有り得ないでしょう。
 一点打線、適時打欠乏症の責任は大きいと思います。
【2011/09/15 08:34】 NAME[村長] WEBLINK[] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R