忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

大相撲人気、足を引っ張る人々

八百長問題に「かわいがり」と不祥事が明るみに出て、人気回復に向かっている時にまたしても凄惨なイジメが発覚した。元十両の金親(かねちか)で元熊ケ谷(くまがたに)親方(宮城野部屋)がマネージャーの男性に聞くに堪えない、まるで拷問というべき暴行を働いていた。内容は凄惨すぎて、本当に現代の日本の大相撲界で起こった事?と疑問に思うくらいだ。村長は殺人未遂でもいい位の罪に当たると思う。
 さらにビックリしたのは、昨日の横綱白鵬の取り組み。いくら休場明けで勝ちたいからと言って、猫だましはないだろう。そこまでするか!といった感じである。ルール上問題無くても「横綱の品格」という観点からすれば幻滅を感じたファンは多かったのでは?
 プロ野球でも「暗黙の了解」とも言うべきプレーがある。点差の開いた試合での勝っているチームによるバントや盗塁である。ルール上はOKでも弱者への配慮が感じられないとフェアプレーの精神に反していると言わざるを得ない。ましてや、横綱といえばグランドチャンピオン、であるから横綱相撲といった言葉もある。横綱白鵬に猫だましは似合わない。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 14
15 16 17 18 19 20 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R