忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「あの国では仕方ない」では済まされない

 中国で開催されているゴルフの大会で、日本の松山選手がショットを打つ瞬間、カメラのシャッター音が。トリプルボギーとなるショットということもあり、彼はボールをラフ方向に投げた。前日にもミスショットに「ナイス!」との掛け声やカメラのシャッター音に携帯電話の着信音。「ここでプレーする以上、ある程度は覚悟しないとね」と言っていたのに、ブチ切れてしまいましたね。
 また、韓国仁川で開かれていたアジア大会で報道のカメラを盗んだとされた冨田選手が冤罪会見を開いてました。一か月以上たってから「オレは盗んでいない」といわれてもねー。本人は(弁護士かも)裁判沙汰にはしないみたいですが、かの国で一度認めてしまえば終わり。JOC役員も確認したという監視カメラ映像も存在している段階での釈明会見は見る気もしない。実際見ませんでしたが。
 この二か国に限らず海外でプレーするときは注意が必要。不審なモノをバッグに入れられた(と、村長も思いますが)、即対応すべきでしたね。大体、日本製のカメラを外国で窃盗する一流水泳選手(デサントの社員だった)など普通では考えられません。恐らく嵌められたのでしょうが今更の弁明賢明な措置ではありませんね。濡れ衣にせよ、汚名を着せられたまま帰国しちゃった訳ですから。
 産経新聞の前ソウル支局長が報道の自由を訴えているのを見ていたでしょうに。彼は、「謝罪すれば穏便に済ます」という甘言に騙されることなく戦っている。かの河野談話の際も「認めて謝罪すれば以後問題にしないから」と言われていた。それがどうなったか。まだ冨田選手は若い。認めてしまった時点で、お前がやった、お前が悪い、となる。
 冨田選手、勤務先を解雇され、日本代表から追放され、罰金10万ヲンを払ったけど、「高い授業料を払った」と割り切って再起してほしいものです。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 10
11 12 13 15 16 17
18 19 21 22 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]
[04/15 giants-55]
[03/23 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R