忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

代打、王貞治!

 台湾で行われた巨人OBvs台湾OBのチャリティー野球は、最終回に巨人OBが一気に9点を奪い15-11で勝利した。巨人では原、中畑、高橋の監督組に仁志、吉村、駒田に桑田、槙原、鹿取投手など、台湾からは郭泰源、郭源治、郭李投手に呂明賜など懐かしい顔が参加していた。そんな中最高の盛り上がりを見せたのが、「代打、王貞治!」が告げられた瞬間。両軍のベンチから全員が出て横一列に並んで日台のいや世界の大打者を迎えた。
 郭泰源投手の緩いボールに最後は空振りの三振を喫しますが、先日亡くなった故荒川博コーチと編み出した一本足打法を披露。空振りしてコケた王選手に慌てて駆け寄り抱きかかえる球審の姿には思わず笑っちゃいました。
 番組でも紹介していましたが、高橋由伸現監督が持っている東京六大学の通算本塁打記録23本は19年間破られておりません。高橋選手が記録した23本の前は22本の田淵幸一氏。実に29年ぶりの記録更新でした。
 ちなみに、長嶋茂雄氏が戦前の7本の記録を更新した翌年、神宮にラッキーゾーンが設けられ記録的に本数が伸びました。田淵氏の22本は群を抜いてましたが、早稲田の谷沢健一18本、前出の荒川コーチの子荒川堯は19本岡田彰布は20本と田淵氏に迫る本塁打を打ってます。高橋氏以降の記録が15本だとか。あと10年は破られそうにないかも、と思いきや、先日MLBボストンを退団する上原浩治投手と対談した高橋氏は「もしも六大学に行ったら僕の記録を超えてほしい」と語った人物がいます。
 集まったファンの「来年のドラフト会議で、誰を指名しますか?」との問いに答える形で早実の清宮幸太郎選手の名を挙げてエールを送りました。彼はすでに高校通算87本(歴代4位タイ)を打って日ハムの中田翔選手と並ぶ記録。来年は107本の記録更新も可能な清宮選手から目が離せない。
PR

コメント

懐かしい顔触れ

自分も此の試合をTVで見ましたが、懐かしい顔触れでしたね。日本側のOBも然る事乍ら、台湾側のOBの面々に、堪らなく懐かしさを感じた。マウンド上で踊る様に投げ、剛速球を見せていた郭源治氏も、今年で還暦を迎えた。流石に球速も球の切れも見られなかったけれど、彼の人懐っこい笑顔は健在。皆、等しく老けたけれど、野球を楽しむ姿は昔の儘。

王さんも老けたし、打席で引っ繰り返ったシーンではひやっとさせられたけれど、矢張り”一本足打法”は美しい。彼の後にも一本足打法をした選手は居たけれど、美しさや力強さでは到底王選手に及ばない。

「王貞治という素晴らしい逸材は、彼だけでも名選手に成り得た。」という人も居るけれど、荒川博氏という名伯楽が居なかったら、あそこ迄の名選手に成れたかどうかは、個人的に疑問。「バロム・1」のOP曲では無いけれど、「2人が1人」だったのだと思います。
【2016/12/10 20:47】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 4
5 6 7 10
12 13 14 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[03/23 giants-55]
[03/09 村長]
[03/08 giants-55]
[02/22 giants-55]
[02/06 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R