忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

知らない歌手ばかり

 この季節になると信州の親戚、友人などからお歳暮が届く。昨日宅配された岡谷の義兄からの荷物には、凍み豆腐寒天七味唐辛子に、塩イカ野沢菜漬けなど懐かしい品がいっぱい詰まっていた。早速お礼の電話をかけて近況などを聞く。話は先日テレビ欄で見た、「日本のうた」についても及んだ。
 三十数年前の話で恐縮ですが、当時には無かった素晴らしい会場に驚くとともに、出場者十数組の顔ぶれを見てびっくり。松原のぶえさん、上條恒彦さん以外全く知らない人ばかり。若いグループや演歌系(と思われる)の歌手とヴァラエティには富んでいるのだが、日本のポップス界は歌手が多すぎるのだろうか?それとも何年か前から感じてはいましたが、アイドル大量発生現象なのか? まあ、そこそこCDが売れて食べていければ、他人がどうこう言う問題ではありませんが・・・
 村長が働き始めた頃だから、昭和40年代後半、上條恒彦氏に関してある思い出がある。若気の至りだったのかもしれないが、上司と口喧嘩したことがあるのだ。
 当時は高度成長期で毎日残業、残業の日々でした。その日も例によって食堂では残業組が出前を食べていました。上司の課長を含め十人ほどがテレビを見ながら食事をしておりました。テレビでは当時始まったばかりの人気のドラマ、「木枯し紋次郎」が最後の場面に差し掛かり、芥川隆行氏の渋い声で「・・・なぜ無宿渡世の世界に入ったかは定かでない」が流れてきました。次回予告をして番組は終わるはずでした。
 すると課長、「こんなドラマは嫌いだ。歌も歌手も気に入らない。」と、テレビを切ってしまったのです。まあ、ほとんどの人が食事を終えてお茶を飲んでいましたから、「早く職場に戻れ」という意味なら納得したでしょうが、皆が好きで見ているのを、好きで聞いている歌を歌手を(上條氏は長野県出身)けなされてカチーンときちゃったんですね。「あと数分で終わるんだから見てからでいいじゃないですか。」とテレビの電源を入れたのです、平社員の村長が。
 一瞬、間を置いて皆も村長に同調してくれたのを覚えています。今思うと、だれも味方してくれなかったらどうしたであろうか?と思う今日この頃です。
 ♪ どーこかでー だーれかがー ♪
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R