忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

マートン、殺人タックル?

 昨夜の阪神ーヤクルト戦でヤ軍小川監督が激怒する場面があった。4回の阪神の攻撃、三走マートンが中犠飛にタッチアップして本塁を目指す。中堅からの返球はホームベースの真上に。田中捕手はベースの真上でマートンを待つ。当然接触は避けられない。マートンはダイビングするような姿勢で田中捕手に体当たりした。
 このマートンのプレーがラフプレーだと小川監督が猛抗議したわけだ。哀れ、本塁を死守した田中捕手は左鎖骨骨折でリタイア。解説の元広島の捕手達川氏は興奮気味に、マートンの頭にぶつけろ、と。
 このプレーを ーチューブ見る限り、あるいは元草野球捕手の目線で見ても、マートンのタックル?はギリギリ許せるのではなかろうか?高校野球じゃあ無いんだから。マートン選手の側からすればあの場合ベースが全く見えない状態で捕手のミット目がけて滑り込むしか手はない。過去にもあの程度の接触プレーはかなり多く見られた。特に体の大きいメジャーの選手には。
 
 骨折した田中捕手には気の毒とは思うが、運が悪かったとしか言いようがない。タックルに恐れをなしてミットでタッチに行っていたら、落球や巧みな滑り込みでセーフになっていたかもしれない。また、ベースの一角を明けておく余裕が無かったのも不運の原因の一つだ。田中捕手には、早く現場復帰を願う。
 最も問題なのは、達川解説員だ。報復で頭にぶつけろ、とは何たる発言か。それこそ、子供も見ているんだぞ、と言いたい。
 元捕手の意見として「走者は足からのスライディングに限る」という文言があれば、捕手や走者の怪我はかなり減ると思うのですが・・・
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 5
6 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[08/10 村長]
[08/08 giants-55]
[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R