忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

秋色に染まった夏の虫

 堺市の老人ホームで全身ピンク色のバッタが見つかり、話題になったという。発見した渡名喜(読み方知らず)さんは入所者に、「夏の虫が秋色に染まった」と紹介したそうである。キリギリスの一種クビキリギスの変異というが、恐ろしい名前とは裏腹に微笑ましい話題だ。職員の渡名喜(何と読むのだろう)さんの粋な計らいファインプレーだ。
 バッタといえば昔よく食べた、「イナゴの佃煮」を思い出す。今日たまたま信州の友人から荷物が届いた。数日前に、「何か信州の味を送るぞ」と電話があったので、もしや・・・と期待したが入っていなかった。中身は、凍み豆腐ワカサギの佃煮野沢菜漬け味噌、そして信州名物「イカの塩漬け」
 「イナゴの佃煮」は、「蜂の子」「ざざむし」と並んで、ゲテモノと世間では言われている。村長のご幼少の頃は、「蜂の子」や「イナゴの佃煮」を食したものだ。当時、これらは蛋白質などの貴重な栄養源でした。そうそう、カエルもよく食べたなあ。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R