忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

寒中暖

 市内の積雪量が100cmを超え、豪雪対策本部が設置された。17日からは除排雪強化日間も始まり、20日までダンプ、ブルドーザーはフル回転で主要道路の雪を片付けている。
 ところが、昨年の東日本大震災の影響で、いつもは手配できていたダンプが足りないと言う。降雪量が少ない八戸方面からの援軍が、瓦礫搬送などのため、今年は激減しているのだ。
 そして雪による事故は昨年の倍以上。まだ冬半ばというのに死者数も7人と、昨年度の3人を大きく上回っている。寒さが一時緩んだ18日にも隣町で一人、落雪に埋もれた老人が亡くなっている。
 我が家も1mを超えたら屋根雪(雪庇/せっぴ)を落とさなければならないのだが、正月明けから絶え間なく降る雪のため時期を失してしまっていた。昨日の夜中、轟音とともに大量の屋根雪が落下。慌てて裏に回って確認したところ、洗濯物を干す土台付きのステンレスパイプがグニャっとなっていた。テラス窓はコンパネを立てかけていたので無事だった。
 ところで、落雪が直撃する位置には半坪ほどの物置小屋がある。この屋根にも1mを越す雪が乗っかっている。屋根の勾配は緩いが、積もった雪を落とすのは簡単だ。片屋根だから下から雪ベラでつつけば良い。しかし、ここで考えた。もしも1mの雪を除去すると母屋の屋根雪が落下した場合の小屋への衝撃は、1m分増すことになる。この1m分の差が小屋への衝撃力の差となるのだが、何ニュートンの差になるかは専門家に任せることとして、村長の勘では、小屋の雪は残しておいた方がいい、との結論となった。実際、小屋はなんとも無かった。ははは、単に空骨病み
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R