忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

籤に弱いのに・・・

今年のプロ野球ドラフト会議は無事?終わりました。村長は秋田の吉田輝星投手に注目しておりました。巨人とは相思相愛か?とも伝えられる中、突然、巨人は大阪桐蔭の根尾昴君を一位指名!というニュース。これは他チームへの煙幕とも取れますので信じてはいませんでした。しかし、蓋を明けてみると噂は本当でした。4チーム競合の結果ハズレ。まあ、ハズレ一位の坂本勇人選手の例もあるから、と思っていたところ八戸学院大の高橋投手を一位指名。同じハズレ一位で指名した日ハムが吉田投手を一本釣り。直後の会見では「日本ハムに入ることになって嬉しい」と、勇み足気味の入団会見?
 ということは、一巡目で吉田投手を指名していたら・・・籤運の悪さを知っていながら何故苦難の道を選んだのか?と残念がった村長です。でも高橋投手は即戦力の本格左腕。そのせいか原監督は「90点の出来」と結果を評価しておりました。指名二位から六位までは高校生を指名。じっくり育てることを目標に掲げておりました。
 吉田投手に関しては、「伸びしろが無い」、「高校生で完成している」、「落ちる球がない」や「プロの選手に高目の釣玉は通じない」といった声も聞かれています。だが、彼が落ちる球を得た時、田中将大投手並みの選手になる(伸びしろ)可能性や、阪神藤川投手のようなホップするボールを投げる可能性もある。と、村長は思っていたのですが・・・北の大地での活躍に期待しております。
PR

コメント

伸び代

書き込み有り難う御座いました。(レスは、当該記事のコメント欄に付けさせて貰いました。)

ドラフト前の特番で「ジャイアンツが、根尾選手を1位指名するのではないか?」という予想をした所、MCでジャイアンツ・ファンの中居君が「マジ?ジャイアンツは籤運悪いからなあ・・・。」と言っていました。ジャイアンツ・ファン歴が長い程、籤運の悪さを痛感させられているのでしょうね(苦笑)。

“たられば”を言っても詮無いのですが、若し高橋監督が留任していたら、1位指名は吉田投手だったのではないかなあと思っています。良くも悪くもですが、高橋監督は“現実”よりも“夢”を重視するタイプの様に感じられるからです。でも、「来季は是が非でも優勝しなければならない。」という現実の前では、原監督は根尾選手の1位指名に固執したのではないかと。

自ブログでも書いた様に、ジャイアンツが根尾選手の1位指名に踏み切った事自体は、「一番良い選手を絶対に取る!」という決意が感じられ、評価しています。でも、ジャイアンツの籤運の悪さ、そして吉田投手の気持ちを考えると・・・。

素人目からすると、根尾選手は“完成品”という感じがします。一方、吉田投手は粗削りで、伸び代を感じます。
【2018/10/26 14:21】 NAME[giants-55] WEBLINK[URL] EDIT[〼]

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/26 giants-55]
[01/12 NONAME]
[01/08 村長]
[01/06 giants-55]
[10/24 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R