忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

「まった」には無いが「たまに」はある

 オールスター前の首位を確定した巨人は昨夜、原監督も「めったに無い繋がりをみせた」という打線の繋がりで二位阪神に連勝した。0-3の劣勢を一気に跳ね返す攻撃は7回表だった。5番村田から6番高橋、7番長野と三連打でまず1点。8番寺内が送って一死二三塁となった場面が「運命の分かれ目」だった。
 当然といった表情で左の代打石井が打席に歩を進める。すかさず阪神和田監督も左の加藤にスィッチ。原監督は「読み通り」代打の代打に矢野だ。その初球、真ん中低めのボール球を三塁線を破る同点二塁打。1番の好調中井を迎えるとマウンドには右の安藤投手。
 中井の右前打を右翼手が後逸したために、勝ち越しの走者矢野が生還。この走者は加藤投手の責任なので、結局加藤投手は「たった一球」の敗戦投手となってしまった。投球自体は悪い球では無かっただけに、矢野の思い切りのいい打撃に軍配が上がった感じだ。ここまでは両監督とも「予定の行動」だったと思う。
 巨人の繋がりはまだ続く。一死三塁からの松本のスリーバント・スクイズは失敗したものの、3番坂本が歩くと4番阿部の初球ストライクの間に二盗。二死二三塁だ。ここで、阪神がやや不可解な阿部敬遠を選択する。1ストライク後の敬遠には解説者も驚いた様子だった。実際、昨夜の試合でも村田は阿部よりバットが振れていた。一昨日の3-3に続き昨夜の一打席にもレフト前にクリーンヒットを放っている。確かに「3割打者の4番阿部(※)だから、ここらで1本出そうだ」という判断も有りうるが、ここ二試合で一番乗っている打者と勝負に出る策はどうかな?と村長も感じました。
 結果的に、阿部敬遠策は裏目に出て村田に押し出し四球。6番高橋にはダメ押しの満塁の走者一掃の二塁打。確かに「めったに」無い攻撃だった。

※この試合でノーヒットだった阿部の打率は、0.296。村田は0.297で巨人第二位に上がった(一位は欠場中のロペス)。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[10/24 giants-55]
[10/24 村長]
[10/23 giants-55]
[08/10 村長]
[08/08 giants-55]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R