忍者ブログ

雑草の詩

草野球とアメリカン・フォークが好きな「村長」です

菅総理、言葉明瞭、意味不明

 G7、もとい、G8サミットを終え30日青森入りした菅総理青森駅前(東口)で、参院選に向けて熱く政策を訴えた。2時間チョットの滞在だったが、集まった聴衆は約千人だったという。月末の忙しい時期でなければ・・・西口でやったなら・・・聞きに行ったかも?いや、無いか。
 演説要旨を読んだが、全く理解不能。

<介護の職場は給料が安く、なかなか定着できない。介護分野にお金をつぎ込むと、雇用が生まれ、サービスが生まれ、納税者が増える。つぎ込んだお金を超えた効果を生み出す。雇用に役立つことにお金をつぎ込むことで、デフレを脱却する。みんなが仕事を持つことが社会保障でもあり、成長につながっていく。>

>介護分野にお金をつぎ込むと、雇用が生まれ、サービスが生まれ、納税者が増える。
 納税者が、何故増える?未納だった人が納税する?それとも、民主党も言っている外国人労働者を呼び込むから?
>つぎ込んだお金を超えた効果を生み出す
 つまり、付加価値を生み出す、ということでしょうが、どうもよく判りません。付加価値を生み出す介護事業って何?つぎ込んだお金以上の額を、被介護者から得れば達成できますが。もっと具体的な数字を上げて説明して欲しいものです。
>雇用にお金をつぎ込んで、デフレ脱却
 いきなり、デフレ脱却に飛んでしまいましたが、介護施設建設は「ハコモノ」には当たらないのか?自公政権の公共事業と大差ないのでは?
 言葉は耳にすんなりと入ってくる綺麗な単語ばかりですが、整理できない村長の脳は混乱状態。消費税についても、「収入が少ない人には還付する制度などを考えたい」そうですが、より複雑な税制にしてどうする。他での講演では、200万、300万、350万、400万とバラバラな額を口にしたそうですが、「年収証明書」=「低所得者認定証」でも交付するのでしょうか?「消費税還付詐欺」が横行しそう。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

介護事業、増税しても経済成長は乏しい

【主張】消費税を問う 「第三の道」真贋見極めよ - 産経ニュース 菅直人首相の経済ブレーンに阪大の小野善康氏がいる。最近メディアに登場するのが目立つ。今日も某民放テレビ局に出演していた。小野理論は机上の空論のような感じがして正直よく分からない。もう一人のブレーンは関西学院大学の神野直彦氏である。「第三の道」を提唱し、「強い経済、強い財政、強い社会保障」を菅氏に提言した人物らしい。 「第三の道」は、英国のトニー・ブレア政権がサッチャー市場原理主義を対立軸として、一方、米国クリントン政権がレーガノミックス...
WEBLINK [URL] 【2010/07/02 00:07】

菅首相、消費税還付という食えない餌を撒いた

消費増税低所得者へ還付検討 首相、200万〜400万ばらつき(産経新聞)-goo ニュース 上のリンクはやがて切れるのでその一部を下記に引用する。 >菅首相は30日、青森市で演説し、消費税を増税した際の低所得者対策として「年収200万円とか300万円の人に還付する制度や食料品などの税率を下げることを相談したい」と述べ、還付制度や、生活必需品の税率軽減を検討していることを明らかにした。 >この後、秋田市で「年収が300万円とか350万円以下の人には消費税(増税)分全額を還付するやり方もある」と発言。山形市...
WEBLINK [URL] 【2010/07/02 00:07】

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 25 26 27 28 29
30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

[07/11 村長]
[07/09 giants-55]
[05/19 村長]
[05/18 giants-55]
[04/15 村長]

最新記事

最新TB

プロフィール

HN:
村長
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R